データライト
DataLITE
無線データ取得システム

主な利用分野スポーツ・バイオメカニクスリハビリ人間工学

英国Biometrics社の定評あるフレキシブルゴニオメータとEMGが待望の無線化。 『DataLITE』は、最新型のバイオフィードバック無線センサ・機器により、関節動作分析、筋電位測定やフォースデータをリアルタイムで記録できます。DataLITE無線センサのセットアップは簡単で、被験者の動きを妨げることなく高品質な信号を発信します。

弊社製のAD変換システム「TRIAS」でもDataLITEのデータを受信することができます(TRIAS II Ver.1.40以降)。

※DataLITE無線センサとPCとのインタフェースにはDataLITEドングル(レシーバ)が必要です。

仕様

- Features -

>

ワイヤレスEMGアンプ (LE230)の電気的仕様

電極
ゲイン
帯域幅
ノイズ
入力インピーダンス
CMRR@60Hz(dB)
重量
:完全乾燥再利用型
:±6000μV/ ±6mV/ ±2000μV/ ±2mV/ ±600μV/ ±200μV/ ±60μV
:10~250Hz / 10~470Hz / 10~950Hz / 10~5000Hz
:< 5μV
:> 100MΩ
:> 96dB (typically 110dB)
:17g
サンプリング周波数は 500 / 1000/ 2000 Hz から選択できます

>

ワイヤレスゴニオメータの仕様

トランスデューサのタイプ
耐用寿命
精度
再現性
動作温度範囲
温度ゼロドリフト
: ひずみゲージ
: 600,000 回
: ± 2° (±90°の範囲内)
: 1°(±90°の範囲内)
: +10 ℃ ~ +40 ℃
: 角度0.15度 / ℃
1秒あたりの入力サンプリング周波数は、デジタル入力が 1000 / 500/ 200/ 100/ 50 Hz から選択できます。
角度アナログデータは 1000 / 500 / 250 / 100 Hz から選択できます。

ゴニオメータ・EMGシステムのラインナップ

- System Lineups -

>

ゴニオメーター

USBポートに接続したワイヤレスドングルを介し、最大で24chのセンサを使用した計測ができます。ゴニオメータは身体部位に適したサイズがラインナップされています。


●WS200 セット内容
ゴニオメーター × 2
ソフトウェア
無線ドングル・充電アダプタ



●WS400 セット内容
ゴニオメーター × 4
ソフトウェア
無線ドングル・充電アダプタ
  
 ※簡易解析ソフトウェアの画面サンプル

●WS800 セット内容
ゴニオメーター × 8
ソフトウェア(簡易解析ソフトウェア含む)
無線ドングル・充電アダプタ
ゴニオメーター用粘着テープ
コンタクトスイッチ ×2
粘着テープなどBiometrics社製品の消耗品のご注文は消耗品注文のページで承ります。

>

ゴニオメーター+EMG




●WS900 セット内容
ゴニオメーター ×2
EMG × 2
ソフトウェア
無線ドングル・充電アダプタ



●WS950 セット内容
ゴニオメーター × 4
EMG × 4
ソフトウェア(簡易解析ソフトウェア含む)
無線ドングル・充電アダプタ



●WS1800 セット内容
ゴニオメーター × 8
EMG × 8
ソフトウェア(簡易解析ソフトウェア含む)
無線ドングル・充電アダプタ
ゴニオメーター用粘着テープ
EMG用粘着テープ
コンタクトスイッチ × 2
粘着テープなどBiometrics社製品の消耗品のご注文は消耗品注文のページで承ります。

>

EMG




●WS250 セット内容
EMG × 2
ソフトウェア
無線ドングル・充電アダプタ



●WS450 セット内容
EMG × 4
ソフトウェア
無線ドングル・充電アダプタ



●WS850 セット内容
EMG × 8
ソフトウェア(簡易解析ソフトウェア含む)
無線ドングル・充電アダプタ
EMG用粘着テープ



●WS1650 セット内容
EMG × 16
ソフトウェア(簡易解析ソフトウェア含む)
無線ドングル・充電アダプタ
EMG用粘着テープ
  WS1650_EMG×16
粘着テープなどBiometrics社製品の消耗品のご注文は消耗品注文のページで承ります。

>

トリガスイッチ (IS6LED)

ハンドヘルド型のトリガスイッチを利用することにより、DataLITEと外部システムを同期させられます。(オプション)

※同期の誤差は1時間の記録において3ms以下です。

AD変換システムTRIASとの同期計測

- Synchronization -

弊社開発品のAD変換システム「TRIAS」がDataLITEのデータ受信に対応しました(TRIAS II Ver.1.40以降)。

また、DataLITEで計測したデータを「TRIAS」にインポートし、床反力や他のアナログデータと共に解析できます。

>AD変換システムTRIAS