バイオログ
BioLog
携帯型データ収集システム

主な利用分野スポーツ・バイオメカニクスリハビリ人間工学

データロガはデータが確実にメモリされているか心配、テレメータは使用範囲が限られ、途中でデータが途切れてしまう恐れがありました。DL-5500,DL-5000,DL-4000,DL-3200型は、テレメータを装備したデータロガであり、それぞれ単独の両装置の欠点を補うべく開発されたものです。

※過去のカタログ掲載のDL-1000、DL-2000、DL-3100は生産を終了いたしました
価格表・システム構成

システムラインナップ

- Lineup -

>

DL-5500型システム(テレメータ筋電計)

DL-5500型は無線筋電図センサ(DL-500B・DL-510A)を、リアルタイムで最大16chアナログ電圧で出力します。赤外線リモコンに連動する外部同期信号入力端子(BNC)も付いています。無線筋電図センサはアクティブ電極タイプとリード線タイプから選択。尚、アクティブ電極型の無線筋図センサは3軸加速度センサ内蔵タイプです。 無線筋電図センサ間の時刻は完全同期し、最速サンプリング40分間のデータ保存が可能であるため、電波環境の悪い場所や水中計測も可能です。連続使用時間は3時間充電で6時間、1時間充電で3時間となります。 センサ重量は9g(防水仕様11g)のため、装着時の違和感もなく皮膚の動きによるノイズは殆どありません。

>

DL-5000型システム(多用途テレメータ筋電計システム)

DL-5000型は無線筋電図センサ(DL-500B・DL-510A)を最大16chと、多様な有線センサが接続可能なアナログ入力端子が12chあり、最大で28chの他、デジタル4chも同時使用できるデータロガーです。DL-5000とパソコンは有線 (USB)や無線LAN(WiFi)で接続できます。無線筋電図センサはアクティブ電極タイプとリード線タイプから選択。尚、アクティブ電極型の無線筋電図センサは3軸加速度センサ内蔵タイプです。無線筋電図センサ間の時刻は完全同期し、最速サンプリング40分間のデータ保存が可能であるため、電波環境の悪い場所や水中計測も可能です。連続使用時間は3時間充電で6時間、1時間充電で3時間となります。 センサ重量は9g(防水仕様11g)のため、装着時の違和感もなく皮膚の動きによるノイズは殆どありません。
DL-5000カタログ

>

DLシリーズセンサ・ソフト類

3チャンネル加速度センサDL-111A
傾斜センサDL-112
傾斜センサDL-113
2チャンネル角速度センサDL-121
2チャンネル筋電図センサDL-140
2チャンネル筋電図センサDL-141
2チャンネル筋電図センサDL-142
2チャンネル心電図センサDL-150
2チャンネル脳波センサDL-162A
2チャンネル脳波センサDL-162B
2チャンネル胃電図センサDL-162C
2チャンネル脳波センサDL-160D
2チャンネル生体電気センサDL-161
2チャンネルストレインセンサDL-170A
呼吸波センサDL-230
換気量センサDL-232
体表用温度センサDL-240
成人直腸用温度センサDL-241
フットセンサDL-250
4チャンネルフットスイッチDL-251
心電心拍センサDL-310
心電呼吸センサDL-320
心拍センサDL-330
GSRセンサDL-340
2チャンネル温度カプラDL-710
8チャンネルアナログ出力箱DL-720
8チャンネルアナログ出力箱DL-720F
16チャンネルアナログ出力箱DL-721
16チャンネルアナログ出力箱DL-721F
16チャンネルアナログ出力箱DL-730
受光ユニットDL-750
2チャンネルアナログ入力箱DL-760
時系列解析プログラムMemCalc/Win
※温度センサ(DL-240, DL-241)には
温度カプラ(DL-710)が必要です。
※本体の種類により、組合せができない製品もあります

>

バイオログ DL-4000型システム (無線付携帯型データ収集解析システム)

DL-4000型は4chのデータロガであり、無線(Bluetooth)や有線(USB)でモニタしながらデータを内部メモリ(1GB)に収録するものです。
特長として3軸加速度計(±3G、重力検知型)を内蔵しており、その信号と他のアナログ4ch、デジタル信号(短絡信号)4chを最大1KHzサンプルで18時間収録できます。電源は単4型1個で連続4時間使用可能です。小型(D20×H70×W50mm)で、しかも軽量(電池込み約63g)です。DLシリーズのほとんどのセンサが使えます。

>

バイオログ DL-3200型システム(無線付携帯型データ収集解析システム)

アナログ入力端子12chとデジタル入力端子4chが同時使用できるデータロガーです。DL-3200本体とパソコンは有線(USB)や無線LAN(WiFi)で接続できます。AD変換は16ビットで、最速1kHzのサンプリング周波数で10時間のデータを本体内蔵メモリ(4GB)に保存できます。
単三電池3本での連続使用時間は、WiFiオフで24時間、WiFiオンで4時間です。 赤外線リモコンによるマーク入力と同時に本体内蔵の高輝度LEDを発光することができ、映像との同期に利用可能です。
DL-3200カタログ